ブログ

腸内フローラ

というのが、巷でじわじわと流行になっているようです。

「腸内フローラ」とは何ぞや、を簡単に調べてみました!

まず「腸内フローラ」とは「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」とも言われ、種類ごとに生息する腸内細菌の群れのこと。
これまでは腸内細菌は100種類、100兆個とされてきましたが、最近の研究で5万種類・1000兆個の腸内細菌が人の腸にいることが分かって来たようです。
重さにして2kg程、寿命はたった1日。

それらを、大きく分類すると、「善玉菌:悪玉菌:どちらかに加担する日和見菌」と分けられ、割合にして健康な方で「2:1:7」の割合で住んでいる。
※悪玉菌は体内に取り込まれた異物に対抗する力を発揮してくれるので少しは必要なのです

【腸内細菌の働き】
・病原菌を追い出す
・消化・吸収を助ける
・ビタミンの合成
・ホルモンの合成
(女性ホルモンや男性ホルモンも腸内細菌が生成しています)
・幸せ物質のセロトニンやドーパミンの合成
(脳の働きによると思われていたのですが、近年腸しかできないことが判明)
・免疫細胞の活性化
(体内の免疫細胞の7割が作られる。白血球だけの作用ではなく、腸内との共同作業なのです。)

このような効果から、近年では肥満、ガン、糖尿病、痴呆や、鬱、老化防止にも効果があることが分かってきました。
また、精神科医療の分野ではこれまでは薬物治療が主流でしたが、乳酸菌を取ると精神上の不安感が減ることが実証されつつあるなかで、今後は腸内細菌を整える方法が注目されると言われています。

最近は、「便移植」といって、健康な人の便から抽出した腸内細菌を患者に注入する手術も世界で実績を上げているそうです。日本でも一部の大学病院で臨床試験が始まっているようですよ。

しっかし、腸内細菌は指紋同様個々人によって種類や形が異なるのです。
なので、サプリやヨーグルトで「腸まで届く」という名目の乳酸菌を取ったとしても体に合わなければ排出されるだけなのです。

ないなら他から買って持ってこよう、ではなく、もとから自分の中にあるものを強化したらいいのではないかな、と個人的には思います~。
それが出来るのがこちら↓

 

自分のお腹の中にある乳酸菌の餌になって、善玉菌を増やしてくれるエキスです。
ちなみに、白砂糖は悪玉菌の餌になるので、摂取すると悪玉菌が増えますよ~。

腸内環境は免疫やホルモンバランスにまで影響をおよぼしますので、こちらのブログ(⇒健康寿命を伸ばしましょう)でも話題にした『健康寿命』を伸ばせるように日々食事や運動には気を付けたいものですね。

 

≪12月のイベント&お知らせ(イベントはカフェ2階で行います)≫
毎週水曜日はサロン「こばこ」の営業
●13日(日)トータルハーブライフ講座/免疫力
●13日(日)「精油のプロフィール講座」開講
●15日(火)salon「フルール」営業
●18日(金)タイ式ヨガ ルーシーダットンとシンギングボールヒーリング(オラクルカード&月のハーブティ付き 
●20日(日)タロット占いイベント開催☆ 

●20日 タロット講座入門補講編~タロットカード1枚引きの復習&3枚引きレッスン~
●22日 ハーブパッド作り体験講座
●22日(火)salon「フルール」営業

≪1月のイベント&お知らせ(イベントはカフェ2階で行います)≫
毎週水曜日はサロン「こばこ」の営業
●8日(金)タイ式ヨガ ルーシーダットンとシンギングボールヒーリング(オラクルカード&月のハーブティ付き
●15日(金)タイ式ヨガ ルーシーダットンとシンギングボールヒーリング(オラクルカード&月のハーブティ付き
●22日(金)タイ式ヨガ ルーシーダットンとシンギングボールヒーリング(オラクルカード&月のハーブティ付き
●23日(土)salon「フルール」営業
●24日(日)トータルハーブライフ講座/美肌作り

●24日(日)「精油のプロフィール講座」開講
●24日(日)アロマテラピー検定対策講座