ブログ

ファスティング、絶食、プチ断食

~ナースがケアするメディカルアロマテラピー&リフレクソロジー~ママッテですニコニコ

16日は、練馬カフェゴエンさんにてビューティー&ヘルスフェスタが開催されました。

ママッテのハンドリフレ、足裏リフレ、ヘッドトリートメントを受けてくださったかた、
また、施術券が当たったかた、ご来場誠にありがとうございました!

またお会いできるのを楽しみにしております(^^)

↓今日の戦利品キラキラ
どくだみの乾燥葉はお風呂にいれました。
あたたまりますよ!

さてさて、

ママッテ同様、ゴエンさん2階で活躍されている、整体サロンこばこさん(水曜担当)が、
定期的にファスティングをしているときいて、興味津々キョロキョロ

なぜなら、看護師の夜勤はプチ断食状態だからです。
(2交代は16時間労働・眠れない……食べられないf(^_^;)

こばこさん、確かにすらっと引き締まっていて、とっても素敵ラブ

ファスティングの利点を教えてくれました。

・デトックス効果
・感性が研ぎ澄まされる
・ダイエットによい
・明けに食べ物がおいしく感じる
(これも夜勤に似ています)

通常、私たちは、炭水化物・ブドウ糖をエネルギーとし、生活しております。
脳の唯一のエネルギー源も、ブドウ糖。

疲れたり、ストレスを感じると甘いものが欲しくなりますねお団子

ファスティングや絶食をすると、
糖エネルギーが減る&血糖値が下がり、身体が危機を感じるので、
人の身体は予備のエネルギー源を使い始めます。

なんだと思いますか?

……そうです。

筋肉にあるタンパク質や脂肪がエネルギー源になるのです。

脂肪が使われると、燃えかすとして、
肝臓でケトン体が生成されます。

このケトン体が脳や身体の第2のエネルギーとなるわけです。

(もっと詳しく知りたいかたは、クエン酸回路、解糖系を検索♪)

糖質を押さえて、脂肪が燃えるサイクルをつくる……
人間の身体は恒常性を保つため、すごい力を持っていると思いませんか?

……ただ、正しい方法(代謝を促進するために酵素ジュースを飲むなど)で行わないと危険ですびっくり

なぜなら、空腹時に低血糖がおこります。
イライラしたり、頭痛が起こったり……
血糖は高すぎれば血管を傷つけますが、
実は低血糖の方がふらつき、冷や汗、震え、意識消失を招き恐ろしいのですガーン

低血糖時に、運動などしてしまうと……
危険です!

なので、ファスティング、絶食、プチ断食は、必ず専門家の指導を受けたかたや、
医療者の指導のもとで行ってくださいね(^^)

肝機能が低下しているかた、糖がうまくエネルギーに利用できない糖尿病のかたにはおすすめできません。

ママッテも、ファスティングのやり方をこばこさんにまた聞いてみますおねがい