ブログ

自給自足禁止法

こんばんは(^^)
今、店の畑を眺めながらしばしのお昼休憩を頂いているところです。

FBを見ていて、ふと目に止まった情報なのですが、アメリカでは法律で家庭菜園が禁止されているようですよ!

どうやら、アメリカ自家菜園禁止法という法律の510法案にて、小規模・兼業農家経営や家庭菜園が違法となり、行えば捕まってしまうようです(;゚Д゚)

また、種子・苗を採取して保存・使用する事も犯罪

食糧生産者には農薬の使用が強制されるのだそうです(-_-メ)

現在一般に売られているほとんどの野菜は、花を付けることはあっても種子は付けません。
遺伝子操作で不妊にしたのではなく、たまたま出来た雄しべの無い突然変異だけを流通させました。

農家さんが種子を採取して、毎年野菜を作ってしまったら種会社がもうからないですから。

種子を制した者は世界を制す、と言われていますが、アメリカには世界一巨大な種子会社があります。

そして、農薬もその企業が製造したものが多数出回っています。

アメリカは一企業の利益を守るために法律まで整備してしまったのね・・・と驚愕。

過去、TPPに入る入らないの論争が盛んに行われていた際に、「加盟すると、日本も家庭菜園・自家採種が禁止になってしまうから絶対にダメだ!」と騒がれていたことが思い出されます。

明日は当店で9時半~14時半までマルシェを行いますが、自ら種を紡ぎながら固定種を育てている農家さんが美味しい野菜を販売してくれますよ!

固定種の野菜達は味が濃く、びっくりするほどおいしいです!!

九州の有名な固定種・無農薬栽培の農家さんは、不妊に悩む夫婦に自分のところの野菜を食べさせたらあっという間に子どもができたわ、がははっ( *´艸`)と言ってました~。

固定種・在来種の野菜を育てている農家さんは全国的に少ないので、気軽に入手することは出来ませんが、明日はその農家さん自身が販売にいらして下さいます。

是非、農家さんとお話がてらお買い求め下さい(^^)