ブログ

小豆南瓜

寒くなると腎臓がダメージ受けやすくなるのですが、お客様でも腎臓関係の不調を訴える方が増えてきました。

腎臓を元気にする食材は『小豆』!是非小豆を取りましょう♪
当店のプレート料理をご注文の方は、主食が白米・玄米・酵素玄米・パンからお選び頂けますが、
最近デトックスできない気がする・・・
トイレが近いOR殆どいかない・・・
という方は、是非小豆入りの酵素玄米をお選びください!
楮玄米とは小豆と玄米を混ぜて炊き、3日以上寝かせることで、玄米の臭みが採れ、もっちりと柔らかくなり、消化も良くなりデトックス効果もUPしたお勧めの主食です(=゚ω゚)ノ

また、マクロビオティックや食養の学校に行くと必ずや習う小豆南瓜もこの時期は是非食べたいもの。
学校では「糖尿病の方は、1食に小鉢1杯分ずつ必ず食べる」と習いました(*’ω’*)

小豆をだし汁で柔らかくなるまでコトコト煮て南瓜・塩・醤油・味醂を入れてコトコトさらに煮ます。
本日はプレートの副菜についています!そして、店内でお食事できない方のために、お持ち帰り用として入口正面ショーケース内でもお惣菜を販売中。

今回は少し水分多めに仕上げてあります。
これは、調理方法として「陰性」の調理方法で、普段肉・魚食が多い方、ストレスで心身共にガチガチになって臓器がダメージを受けている方など「陽性体質」の方におススメの調理方法です。

一方で、普段白砂糖やアルコール、薬物を大量に体に摂取している方は「陰性体質」になっておりますので、「陽性寄り」の食事をなるべく取った方がいいと思います。
で、「陽性寄り」にするには、こちらの惣菜をお持ち帰り頂いたら、ご自宅で少し火にかけて水分を煮切ってください。「火」の陽性さを食材の中にさらに入れこんでいくのと、水分という「陰」を飛ばすことで食材を陽性化させます。

自分が陰陽どちらの体質か分からない~という方は、水分の多い方・少ない方どちらも食べてみてください♪
より美味しく食べられたほうが今貴女の体質にあっている調理方法です(=゚ω゚)ノ

スーパーなどでも小豆南瓜は良く見かけますが、大抵は裏の原材料表示を見るとカタカナの文字がズラーと並んでいるので、とても惜しい(/ω\)
添加物は一般に「陰性」なので、体を冷やします。インフルが警戒水域に既に達している今、体を冷やすことは極力したくないですね。

 

 

★★★アルバイト・ボランティアさん募集中→詳細★★★
★★★4月に上京してくる男子学生向け 下宿制度開始→詳細★★★

★★★カフェ2階部分をシェアオフィス・レンタルスペース・貸会議室としてレンタルしております★★★
サロンの営業や、スクール・セミナー会場、学習塾の会場として最適です。
現在以下のテナント様が常時稼働中です。ご予約は各テナント様にお問い合わせください。
火曜日学研(児童対象)
水曜日RISU塾(児童対象・国語&算数指導)
木曜日RISU塾(児童対象・国語&算数指導)
金曜日学研(児童対象)
日曜日RISU塾(児童対象・国語&算数指導)

水曜日サロン こばこ

月・火・木・金の9時~16時まで、土日の16時以降枠がまだ空いておりますのでご入居希望者様絶賛募集中です(#^.^#)