ブログ

ぎっくり首にはご用心

本日土曜こばこでした。
ご利用いただいた皆様、強風の中お越し下さりありがとうございました。

さて、先日ニュース番組で「ぎっくり首」についての報道がありました。
この時期、多くみられる症状の一つだそうです。(-~-)ウンウン・・・

ぎっくり首とは、気温の低下により、首から背中にかけた筋肉が冷やされ、
筋肉が硬くなった状態の時に、くしゃみなどの突発的な動きが発生すると
硬くなった筋肉にぴきっと痛みがはしる症状をいいます。
実は、私も15年前、この「ぎっくり首」に泣かされ続けた経験があります。
季節のせいではありませんでしたが、仕事がピークになった直後に
必ずなっていました。
仕事の忙しさで筋肉が硬くなった場合も、同様の症状は起こります。

当時は原因もわからず、ただただ激痛に耐えながら、私の首になにか問題があるの?
などとても心配したことを覚えています。

皆さんももし、同じような症状でお悩みでしたら、ぜひ次のことを
心がけてください。
①痛みが出てしまったら・・・・
首周辺は大切な神経がたくさん走っています。
自分でむやみにボキボキならしたり、揉みこんだりせず
とにかく安静に、ゆっくり動いてください。
急性痛には安静が第一です。

②痛みが出ないようにするには・・・
自分の環境に敏感にセンサーを効かせる習慣をつけてください。
「最近忙しいな」
「朝、体がだるいな」
「睡眠不足だな」
「昼間にやたら眠いな」
など、どんなことでも、いつもと少しだけ違うなと感じたら
すぐにケアをするよう心がけてください。
「そんな症状はいつもだよ。」
という方は毎日ケアしていってください。

★しっかりケアを意識するなら
ウォーキングや軽いジョギングなど運動をとりいれましょう。

運動が苦手なら、お家でストレッチをしたり、ホットタオルで目元や
首の後ろを温めましょう

★それも大変なら、寝る前に深呼吸をしたり、ゆっくり背伸びしたり、
肩をゆっくりくるくる回して硬い筋肉を動かしてみましょう。

どんなことでも、いつもは殆どやってないな。と感じるものであれば
なにかしら効果が期待できます。

皆様が普通の生活をいかに当たり前におくることができるか、
それをモットーに、「こばこ」も皆さまにリラクゼーションを
ご提供をさせて頂いております。

どうしてもだるさが取れない方や、サロンでの定期的なケアを
お考えの方は、どうぞ一度こばこにお越しくださいませ。
例)
趣味の手芸で、結構長時間集中することが多い方⇒
ボディケアコースで筋肉と骨格を調整しましょう。
動きの悪い部位に、ゆっくりと動きをつけていきます。

運動不足でなんだかすっきりしない方⇒
運動しすぎて足裏がなんだか痛い人⇒
足裏リフレコースで全身の血流を促していきましょう。
ストレスなどで最近しっかり眠れていない方⇒
頭皮が硬く、全身に力が入ってしまうこともあります。
カッサフェイシャルコースで、頭皮~フェイシャル~デコルテラインをしっかり緩めていきましょう。

サロンこばこのメニューはこちらからご確認頂けます。→