ブログ

ロマン感じる黒千石大豆

先日『黒千石大豆』がTVで紹介されていましたね。
血圧の薬がいらなくなったと、TVに出ていたおじいちゃまはおっしゃってましたね。

黒千石大豆は、いわゆる黒豆の原種だそうで、育てるのに手間がかかるために1970年代にはなんと生産がストップしてしまいました。

絶滅危惧種だったんです。

そんな黒千石大豆の種50粒をやっと探し出し、うち発芽した28粒を増や続けて今日。

もうほとんどのショップで売り切れています。TVの威力はすごいですね。
私は、番組見ながらネット発注しちゃいました~(笑)

注文したお店が受注生産だったのか、「豆」本体がgoenに入荷するまでにはもう少しお時間がかかるそうです。

ですが、黒千石大豆を粉末にした『きなこ』は本日届きました
密閉された袋には

「原種30年以上大切に保存していた田中淳、
この原種50粒の内、28粒を発芽させ商業生産数にする技術を教えた中央農業総合研究センターの有原丈二、
これを地域の為と信じ耕作農地確保に疾走した村井宣夫、
これに共鳴し町として取組みを決断した乙部町長の寺島光一郎、
豆類の中でこの黒千石大豆に健康維持の為に大切な成分の一つが含まれていることを突き止めた、北海道大学遺伝子病制御研究所教授・西村孝司、
いつかきっと各々の触れ合う人々、各々の想う人々に喜ばれ、役立ち、そしてそれが自身の深い喜びと成る日が必ず来る。」

と書かれてあります。なんだか感動しませんか(T。T)いろんな方々の努力と汗がこの種を守ったのです。
5袋程度しかありませんが店頭で本日より販売開始いたします。

今度作るスイーツにも黒千石大豆使ってみようと思います!どうか一時のブームで終わりませんように。
古来からの種を絶やさないように!

ほかにも、番組内で紹介されていた『納豆味噌』。
早速本日から日替わりメニューに入れてみました(笑)

DSCF1383

 

 

 

 

 

揚げ豆腐にかけてお召し上がりいただいております★
これ本当、危険です。

おいしすぎて、ご飯が何杯でもいけちゃうんです(T T)
うちは、国産若鳥のひき肉に、生薬を漬け込んだみりん、有機納豆、3年前位に漬け込んだ手前味噌、庭で栽培した小葱を使用。

日本一の長寿地区「姫島」の人々が常食している料理だそうで、とってもおいしいです!!当分続けるつもりです。

また、番組内で「長寿食」として紹介されていたのは『乾物』です。
野菜でもなんでも干すことで栄養価がグン!と上がるんです。

番組の翌日から、プレート料理の副菜には、切干大根(今は在庫切れ)をお付けておりましたが、久しぶりに食べるとおいしいです!
切干大根は体に「溜まった」動物性の油を落とすのに最適と言われていますから、クリスマスにチキン食べすぎちゃった~という方は是非お召し上がりください。

今日は天気がよく風が穏やかなので、干し日和ですね~。

DSCF1384

 

 

 

 

 

太陽の殺菌力ってすごいんです。お野菜が安売りしている時などにまとめ買いすることありませんか?

結局使い切れずに捨ててしまっていませんか?

捨てるよりまず干しましょう~★