ブログ

花粉症2

おはようございます!
花粉が多くなってきましたね。

私自身は学生の頃まで結構鼻水・目やのどの炎症が酷かったのですが、食事を変えてからは症状が治まりました。
が!
去年、2時間睡眠が3日続いた後に体中がかゆくなって眠れないという症状が発症。皮膚科に行ったら「たぶん花粉でしょうね」と言われ、飲み薬 抗生物質と 塗薬のステロイドを出されて終了。

薬を飲んで5分後位にはかゆみが全くなくなるのですが、半日ほどすると効果が切れてまたかゆくなる。たまに飲み忘れると地獄。。。という症状に泣かされたのですが、今年もどうやらその時期が来たようです。

3日ほど前から体がかゆい(/ω\)
でも、今 病院に行きたくない。
そもそも薬が切れるとまた症状が復活することを考えても根本的な治癒にはなっていないばかりか、免疫力の低下というおまけが付いてくる抗生物質。極力取りたくない・・・

ということで、今回ホメオパシーに初挑戦。
ドイツ発祥の医薬品(日本では医薬品としては認定されていないそうです)で、それぞれの症状に適応した植物・鉱物・動物などの自然な成分をごく薄めて(分子単位よりもっと小さい単位で)閉じ込めた砂糖=レメディーを使用します。

レメディーは同種療法が基礎にあり、症状と似た状態を引き起こすもので体の免疫を刺激することで自然治癒力を刺激して根治するように働きかけてくれます。
例えば、不眠で夜になると目がさえて困っている方には、目がさえる効果のあるコーヒーを成分にしたレメディーを使う、という風に。

ワクチンも不活性にしたウィルスを注射するので、似たような原理ですね。

ホメオパシーに関しては、日本では乳児の死亡事件が起こって、非常に叩かれた時期もあったようですが(レメディーを与えたから死亡したのではなく、他に必要だったシロップを与えなかった為に死亡したという意見もあるようです)、
極力体に負担が無いものを取り入れたいので、自己責任で今回試してみました。

今回は蜂針からできているエイピスというレメディーと、漆のような植物かたできているラストックスというレメディーを使用。

蜂刺されのようなボコッとした湿疹・強いかゆみ、漆でかぶれた皮膚炎・・・と似た症状に有効だそうです。

まずは、一つづつ舌下にいれて溶かしてみましたが、かゆみが引かず。
偽似医学か?と疑い始めつつ、両方を一緒に1粒ずつ舐めたら、5分ほどして症状が治まりました(*’ω’*)
効いてるかもしれません!

1日目は4時間程度で効果が切れたのでその度に口に入れ、
2日目は半日で効果が切れたので1日2回舐めました。

免疫を整え根治するのがホメオパシーだということで、根治までしばらく様子を見てみるつもりです(∩´∀`)∩

もしかしたら、妊娠中の方など薬をとりたくない方の選択肢の一つになるのではないでしょうか。

 

 

 

 

**2階でレンタルスペース運営中**
土・日の日中枠、月・水・木の夜枠でテナント募集中です。
現在稼働中のテナント様は以下の通りです
【16時以降】
月曜日ねりまROOM(個人指導塾・紹介制)
火曜日学研(児童対象)
水曜日 テナント募集中
木曜日 テナント募集中
金曜日学研(児童対象)

【16時まで】
月曜日 パステルアート まくまく庵
火曜日 女性専門リンパ浮腫治療 めぐみ治療室
水曜日 女性専門リンパ浮腫治療 めぐみ治療室
木曜日 女性専門リンパ浮腫治療 めぐみ治療室
金曜日 整体サロン こばこ
土曜日 テナント募集中
日曜日 テナント募集中